のど自慢には、ご夫婦、恋人同士、職場の仲間、親子というようにカップルやグループでの出場は、のど自慢の会場を大きく盛り上げてくれます。

中でも結婚記念や退院祝い、誕生日などのお祝い事というような記念の証として、のど自慢にでたいという方が多いです。

ご夫婦が好んでデュエットするのは、石原裕次郎さんの「銀座の恋の物語」、川中美幸さんとのデュエット「恋の町札幌」フランク永井と松尾和子のデュエット「東京ナイト・クラブ」などが多いです。

また、中高年の方は男性、女性にかかわらず石原裕次郎、フランク永井、森進一、八代亜紀、青江三奈、天道よしみ、桂銀淑などのムード歌謡を好んで歌っています。

NHKのど自慢で、現在までよく歌われているムード歌謡をこちらで紹介します。

【五十音別】

「あ行の歌手」

●青江三奈
長崎ブルース・昭和おんなブルース・伊勢佐木町ブルース
国際線待合室

●梓みちよ/メランコリー

●あおい輝彦/二人の世界

●アイ・ジョージ/赤いグラス(志摩ちなみ)

●秋庭豊とアローナイツ/ぬれて大阪

●荒木一郎/空に星があるように

●朝丘雪路/ふり向いてもくれない

●安倍律子/愛のきずな

●天知茂/昭和ブルース

●愛田健二/京都の夜

●愛川みさ/誰にも云わないで

●李成愛/カスマプゲ

●五木ひろし
居酒屋PARTII二枚目酒(田中好子)・おまえとふたり
よこはま・たそがれ・長崎から船にのって

●石原裕次郎(カッコ内は、デユェット)
銀座の恋の物語(牧村旬子)・ブランデーグラス・おれの小樽
恋の町札幌(川中美幸)・逢えるじゃないかまたあした(川中美幸)
夜霧よ今夜も有難う・港町・涙町・別れ町(川中美幸)
夜のめぐり逢い(八代亜紀)・別れの夜明け(八代亜紀)
・銀の指輪(愛まち子)

●いしだあゆみ/ブルー・ライト・ヨコハマ

●内山田 洋とクール・ファイブ
港の別れ唄・この愛に生きて・長崎は今日も雨だった・愛の旅路を

●梅沢富美男/心ゆくまで

●江利チエミ/酒場にて

●奥村チヨ/終着駅

●大木英夫、
あなたまかせの夜だから(二宮善子)・雨の新宿(津山洋子)

●大月みやこ/白い海峡・今夜はふたり(弦てつや)

●大橋純子/たそがれマイ・ラブ

●小川順子/夜の訪問者

●オーロラ輝子/まごころの橋(河合美智子)

「か行の歌手」

●梶芽衣子/怨み節

●加藤登紀子/百万本のバラ

●勝彩也
恋あざみ

●角川博/雨の赤坂・あきらめて女

●佳山明生/氷雨

●キム・ヨンジャ/涙の鎖

●岸洋子/恋心

●木の実ナナ/うぬぼれワルツ

●桂 銀淑
酔いどれて・大阪暮色・北空港(浜圭介)・都会の天使たち(堀内孝雄)

●黒木憲/とまり木もよう

●黒沢年男/やすらぎ・時には娼婦のように

●黒沢明とロス・プリモス
せめてお名前を・ヘッド・ライト・ラブユー東京・ぬれて横浜
雨の銀座

●小林幸子/とまり木・もしかして-PARTII(美樹克彦)

●小林旭/ごめんね・純子・北へ

●琴風豪規/まわり道

●越路吹雪/ラストダンスは私に

●小金沢昇司/おまえだけ

「さ行の歌手」

●斉条史朗/夜の銀狐

●西城秀樹/黄昏よ/そばにいて

●杉良太郎/すきま風

●島倉千代子/愛のさざなみ

●庄野真代/飛んでイスタンブール

●シュー・ピンセイ/積木の都会

●城之内早苗/酔わせてよ今夜だけ

●島津ゆたか/花から花へと・ホテル

●菅原洋一/アマン(シルヴィア)・愛のフィナーレ

●瀬川瑛子/長崎の夜はむらさき

●千昌夫/君がすべてさ

●園まり/夢は夜ひらく

「た行の歌手」

●谷村新司
三都物語昴‐すばる‐・忘れていいの~愛の幕切れ~(小川知子)
サライ(ソロヴァージョン)

●武田鉄矢/男と女のはしご酒(芦川よしみ)

●高山巌/心凍らせて・夜明けの伝言(小柳ルミ子)・恋をちょうだい(香西かおり)

●鶴田浩二/赤と黒のブルース

●ちあきなおみ/役者・星影の小径・雨に濡れた慕情

●チョー・ヨンピル/愛のかたち・釜山港へ帰れ・想いで迷子

●チュウ・ヒョンミ/北埠頭

●鶴岡雅義と東京ロマンチカ/旅路のひとよ・北国の町・小樽のひとよ

●つのだひろ/メリー・ジェーン

●天童よしみ/珍島物語

●テレサ・テン/夜のフェリーボート

●敏いとうとハッピー&ブ ルー
他人じゃないの・わたし祈ってます・星降る街角・よせばいいのに

●殿さまキングス/おんなの運命

「な行の歌手」

●中条きよし/うそ・理由

●中村晃子/恋の綱わたり

●中井 昭/高橋 勝とコロラティーノ/思案橋ブルース

●長山洋子/蒼月(つき)

●西田佐知子/女の意地

●渚ゆう子/京都の恋・京都慕情

「は行の歌手」

●ハニーシックス/お嫁にゆけないわたし・女性は愛に生きる

●ハニー・ナイツ/ふりむかないで

●浜真二/おんな道

●橋幸夫/雨の中の二人・今夜は離さない(安倍里葎子)

●箱崎晋一郎/抱擁・熱海の夜

●バーブ佐竹/女心の唄・ネオン川

●日吉ミミ/男と女の数え唄

●日野美歌/お酒ください

●ヒロシ&キーボー/三年目の浮気

●藤 圭子/女のブルース・京都から博多まで・明日から私は

●フランク永井
東京ナイト・クラブ(松尾和子)・有楽町で逢いましょう
夜霧の第二国道・羽田発7時50分・おまえに

●布施明/そっとおやすみ

●藤谷美和子/愛が生まれた日(大内義昭)

●ペギー葉山/爪

●ペドロ&カプリシャス/別れの朝

●BORO/大阪で生まれた女

●細川たかし/心のこり

●堀内孝雄/影法師・竹とんぼ・愛しき日々・恋唄綴り

「ま行の歌手」

●増位山太志郎
だから今夜は(沢田嘉津枝)そんな女のひとりごと
お店ばなし・そんなナイト・パブ

●牧村三枝子/みちづれ

●松尾和子/再会

●丸山圭子/どうぞこのまま

●松坂慶子/愛の水中花

●マルシア/ふりむけばヨコハマ・待ちわびて哀愁

●美空ひばり/みだれ髪

●三浦弘とハニー・シックス/今夜はオールナイトで

●村上幸子/酒場すずめ

●美川憲一/柳ヶ瀬ブルース・新潟ブルース・釧路の夜

●南 有二とフルセイルズ/おんな占い

●美樹克彦/ふられ同志(広野ゆき)

●都はるみ、/ふたりの大阪(宮崎雅)・小樽運河

●森雄二とサザンクロス/足手まとい・意気地なし

●森進一
新宿・みなと町・年上の女・港町ブルース・波止場女のブルース

●もんた&ブラザーズ/ダンシング・オールナイト

「や行の歌手」

●八代亜紀
もう一度逢いたい・夜のめぐり逢い(石原裕次郎)・別れの夜明け(石原裕次郎)
愛の終着駅

●やしきたかじん/やっぱ好きやねん・泣いてもいいか・東京

●山川豊/アメリカ橋・愛に溺れて(大石円)

●矢吹 健/あなたのブルース・私にだって

●湯原昌幸/雨のバラード

●由紀さおり/手紙

「ら行・わ行の歌手」

●渡哲也/くちなしの花

●和田アキ子/だってしょうがないじゃない

●和田弘とマヒナスターズ
赤坂の夜は更けて・雨の夜の東京・銀座ブルース(松尾和子)
私って駄目な女ね(大形久仁子)

●ロス・インディオス
別れても好きな人(シルヴィア)・コモエスタ赤坂


ムード歌謡は、石原裕次郎、鶴田浩二、渡哲也など映画俳優は女性歌手とデユェットで、ロマンチックな大人の男女の世界を演出しています。

大人のムード歌謡を特集したCD全集がネットで販売されています。
付録には、ムード歌謡をめぐる時代背景やその歌手たちへの熱き想いなど、 心ゆくまでムード歌謡鑑賞が楽しめる1冊です。また、オリジナル収納ボックスもついていますので、大切な作品を末永く保管できます。