九州と言えば九州男児・薩摩隼人・薩摩おごじょ・火の国熊本と強い男・女のイメージの歌が多いようです。

玄界灘をテーマにした歌も多く、のど自慢でも歌われるご当地ソングです。

沖縄の歌でのど自慢でよく歌われるのが、「さとうきび畑」「涙そうそう」「島歌」などで沖縄のイメージが浮かぶ歌でしょう。

その他、のど自慢でよく歌われるご当地ソングをご紹介します。

「星空の秋子」:氷川きよし
「玄海船歌」:氷川きよし

「あばれ玄界」:天童よしみ
「有明けの海」:水前寺清子

「日豊本線」:森昌子
「母に捧げるバラード」:海援隊

「サチコ」:ニック・ニューサー
「博多みれん」:野口五郎

「博多の女」:北島三郎
「博多の女」:尾形大作

「京都から博多まで」:藤圭子
「博多っ子純情」:チューリップ

「能古島の片想い」:井上陽水
「無法松の一生」:村田英雄

「あばれ太鼓」:坂本冬美
「花と竜」:村田英雄

「長崎は今日も雨だった」:内山田洋とクール・ファイブ
「長崎の夜はむらさき」:瀬川瑛子

「長崎慕情」:渚ゆう子
「長崎未練」:青江三奈

「長崎ブルース」:青江三奈
「精霊流し」:グレープ、長山洋子

「長崎小夜曲」:さだまさし
「思案橋ブルース」:中井昭・高橋勝とコロラティーノ

「長崎の蝶々さん」:美空ひばり
「長崎みれん」:美川憲一

「長崎から船に乗って」:五木ひろし
「約束の丘」:福山雅治

「瞳を閉じて」:荒井由実

「肥後の盆唄」:石川さゆり
「火の国の女」:坂本冬美

「火の国へ」:石川さゆり
「天草の女」:原田悠里

「豊後の一心太助」:鳥羽一郎
「豊後水道」:川中美幸

「豊予海峡」:大月みやこ
「坊がつる讃歌」:芹洋子

「男の港」:鳥羽一郎
「ひとり薩摩路」:水森かおり

「鹿児島パラダイス」:水森かおり
「薩摩の女」:北島三郎

「島のブルース」:三沢あけみ
「さとうきび畑」:、森山良子

「三線の花」:BEGIN – 映画「涙そうそう」挿入歌
「シーサー」:ル・クプル

「島唄」:THE BM
「島の伝説」:南沙織

「守礼の門」:伍代夏子
「1999年、夏、沖縄」:Mr.Children

▼のど自慢でよく歌われるご当地ソング
・北海道地方のご当地ソング
・東北地方のご当地ソング
・東京都のご当地ソング
・神奈川県のご当地ソング
・中部地方のご当地ソング
・近畿地方のご当地ソング
・中国・四国地方のご当地ソング
・九州・沖縄地方のご当地ソング