昭和を代表するというより、おそらく平成以降も、美空ひばりより上手な歌手は出てこないと思う。
ひばりちゃんより、歌が上手な人はいると思うけど、日本人の心にジ~ンと語りかけてくれる声と雰囲気。

ひばりちゃんにしては当時珍しかったポップ歌謡の「真っ赤な太陽」は、僕自身エレキで弾くし、剛と柔を歌った「柔」は、愛犬との散歩で口ずさみます(笑)

一般書店やレコード店で売っていないだけに、ユーキャンの商品の特徴としては、まず1~7巻までは発売年月日順に収録しています。

さらに昭和の歌謡曲の名歌・名曲(第8.9巻)やコンサートの模様(第10巻)もベストテイクで厳選しております。

そして音源はすべてコロムビアミュージックエンタテインメントのオリジナル原盤を使用しています!

特別編集誌「ひばりとその時代」では、”ひばりを語る”と題して、著名人(中村メイコ、船村徹、石本美由起、秋元康、岩城宏之、雪村いづみ、野村芳太郎)が、魅力を語っています。他にも、”ひばり物語”、”ひばりと戦後史”、”足跡(年譜)”、”レコードジャケット集”、”映画・ビデオ集”など、きっと満足いただける内容で、ヴィジュアルも豊富です。