まずボイストレーニングの前に呼吸の仕方を知っておきましょう!
声が出ていないとよく『お腹から声をだして!』と言われますよね、これは腹式呼吸によって声を出すからです。
腹式呼吸をうまくするには腹筋が必要になります。

腹筋を鍛える方法は
1.仰向けに寝ます
2.足をそろえて高く上げます
3.足をゆっくりとおろし床につくギリギリの位置で10秒止めます
4.もとの足を上げた状態に戻します
これを何回か繰り返します。負担にならない程度で行いましょう!

腹式呼吸の方法は
1.お腹を膨らませながら息を吸います
2.お腹をへこませながらゆっくりと息を吐きます
3.口をつぼめて残った空気をだしきります
息を吐く時間は吸う時間の2倍くらいを目安におこなって下さい!
毎日10分くらいで大丈夫です!

腹式呼吸をマスターしたら発声練習です。
まず、自分の好きな、歌詞もメロディーも良く覚えている曲を選び、その曲を、楽な姿勢で、口を結んでハミングの「んー」で、小さな声で歌います。
次に、少し気持ち良いぐらいのボリュームで、やはりハミングの「んー」で歌います。

ここで、1度常温のお水を飲みます。
そして、2、3回喉の奥まで届くようにうがいをします。

大きくあくびをして下さい。
次に、鏡を用意して下さい。自分の中で、一番小さな声で、力をどこにも入れずに縦に大きな口で、「ラ」で歌います。
そして、少しづつ気持ちよく歌えるくらいのボリュームで、何回か「ラ」で歌います。(力はどこにも入れない)力まず、一番気持ちのよいボリュームで歌ってみましょう(地声でも裏声でもかまいません)

<発声練習の注意点>
・喉が少しでも痛かったり、あまり声が出ない時は、やめましょう。
・10分に、1回は、水飲み休憩をしましょう。
・1日30分程度にしましょう

このボイストレーニングの方法を力まずに毎日続けるだけでも、自分の声が磨かれていきます。